生後間もない赤ちゃんは、まだ首がすわっていません。
ですので抱っこをするのも、かなり慎重になってきます。
ですが、毎日家事をするには、赤ちゃんを抱っこしながらやらなければならないこともあります。
しかし抱っこするにも、赤ちゃんの頭を手で支えなければいけません。
さらに支えることができないおんぶは難しいです。
ですが前に抱っこの状態でのお料理などは危ないですよね。

抱っこ紐で縦抱きというのは、一般的には首が据わっていないと使用できません。
お子様を持つお母様方は本当にたくさんの苦労をしていらっしゃいます。
お子様ももちろんですが、少しでもお母様の負担が減るようにしたいですね。
では女性に人気の抱っこ紐、ナップナップは新生児でも使用できるのでしょうか?

ナップナップは通常の抱っこ紐と同じように、赤ちゃんの首がすわっていないと使用できません。
ですがこちらには新生児パッドという商品があり、これを一緒に使用する事により、生後10日の赤ちゃんから使うことができます。
この新生児パッドは綿100%のクッションがついており、とても柔らかく、赤ちゃんを守ってくれます。
背中部分はしっかりとした素材になっているので、赤ちゃんの身体を支えてくれます。
さらに通気性抜群です。
お尻部分にもクッションがあるので、赤ちゃんの負担を減らしてくれます。
新生児パッドをナップナップの抱っこ紐と一緒に使用することで、首が据わっていない赤ちゃんの縦抱きも可能になります。

こちらは新生児のおんぶも同様です。
おんぶは抱っこと違って、お子様の様子がはっきりと分からないので、心配ですよね。
ですがナップナップでしたら、おんぶの際の補助ベルトがあるのです。
通常の使用方法でも安全性はとても高いのですが、この補助ベルトをつけることでさらに安心できます。
近年、新生児の落下事故がとても多くなってきているので、おんぶ補助ベルトがあることで、事故を防ぐことができます。
これはとても安心できますね。

そして重さですが、とても軽いものになっておりますので、お母様の身体に負担をかけません。
腰ベルトがついているので、日々成長し、体重が増えてくる赤ちゃんを抱っこするときも安心です。
腰ベルトがないものですと、肩への負担がひどくなってしまいます。
それを使い続けていると、肩こり、そして頭痛の原因にもなってしまうのです。
抱っこ紐を選ぶ際は、腰ベルトがついているものをおすすめします。

赤ちゃんは自分の言葉で話すことができないので、お母様がしっかりと赤ちゃんの様子を把握してあげることが大切です。
ですがお母様自身のお身体も大切にしないと、共倒れになってしまいます。
毎日使うものだからこそ、しっかりとした信頼できるものを使いたいですよね。

ナップナップは新生児パッドを使用することで、生後10日から使うことができます。
抱っこでもおんぶでも大丈夫です。
新生児パッドが必要なくなった場合は取り外しが簡単にできるので、とても便利です。
気になった方はぜひ使ってみてはいかがでしょうか?

⇒ナップナップの公式サイトはこちら