お子様が2歳くらいになるまでは、抱っこ紐が大活躍します。
とても便利でなかなか手放すことができない抱っこ紐ですが、夏は使用する際に注意が必要です。
それは暑さです。
ただでさえ赤ちゃんはとても汗っかきです。
体温も高いので、抱っこをしているお母さんも大変です。
汗をかいて蒸れてしまうと、あせもになってしまいますし、熱中症になってしまう危険もあります。
夏は抱っこ紐で赤ちゃんを抱っこしつつ、しっかりと暑さ対策をしてあげたいですよね。
適度に冷やしてあげることが大切になってきます。
そこで抱っこ紐を使用した際に使える暑さ対策グッズを紹介します。

まず抱っこ紐の暑さ対策グッズとして、使えるのが保冷剤です。
もちろん直接赤ちゃんに当ててはいけません。
凍らせるとカチカチになるタイプではなく、ジェル状になっている保冷剤がおすすめです。
抱っこ紐自体にポケットがあるものであれば、そこに保冷剤を入れることができます。
ですが、ポケットがないタイプのものもあります。
そんなときはハンカチやタオルなどで保冷剤を包んで使用してください。
保冷剤はとても安く手にはいりますので、取り入れやすいですね。

もうひとつ便利なものはクールマフラーです。
保冷剤は時間がたつとぬるくなってしまいますが、クールマフラーは水を含むことでひんやりとします。
こちらを首に巻くことで暑さ対策できます。
とてもお手軽ですし、冷たすぎるということがありませんので、とても便利に利用できます。
保冷剤と比べると少し価格は上がります。

保冷剤なども有効ですが、日差しも心配ですよね。
そんな時は日よけを利用しましょう。
抱っこ紐やベビーカーに使える暑さ対策グッズとなっており、遮熱効果があります。
そのおかげで涼しげです。
暑さだけでなく、紫外線からも赤ちゃんを守ることができますので、おすすめの商品です。
抱っこ紐をしながら日傘をさしている方もいらっしゃいますが、やはり両手が使えた方が便利です。

ここまでご紹介したものはすべて市販で販売されているものです。
ですが中にはあまりお金はかけたくないという方もいますよね。
そんな方におすすめなのは、暑さ対策グッズを手作りすることです。
保冷剤をそのままタオルに包んで使うのもいいですが、もう少しおしゃれに使いたいです。
そんな時は可愛い布やハンカチ、タオルを使って保冷剤カバーを作りましょう。
保冷剤の大きさを決めたら、それに合わせて縫っていくだけなので、簡単にできます。
ご自身の好みで作ることができるので、使うたびに楽しくなりそうです。

クールマフラーも手作りできます。
ハンカチをマフラー型に縫い、首の後ろの部分に保冷剤を入るようにするだけです。
首を冷やしてあげると汗もかなりひきますし、赤ちゃんも涼しくて安心ですよね。
さらにご自身で作ると愛着もわきますし、お子様も喜んでくれます。
ぜひかわいいハンカチや布で作ってあげてください。
夏の暑さ対策グッズに悩んでいる方がいましたら、ぜひ試してみてください。

【関連記事】⇒新生児の抱っこ紐はレンタルできる?